英語

次の目標。

看護師さんになりたいとかしばらくずっと思ったりしていましたが、ちょっと待ってやっぱり迷惑になるかもしれない。

 

年齢も遅いし、年齢にとらわれない生き方をしたいけどまず適正と何故なりたいか純粋な動機がいまいち見当たらない。

 

好きなことしかやらない。こんなわがままパリジェンヌの生き方を真似してみたとしたら・・

 

とにかく私は仕事が好き。

規則正しく寝起きして出勤して人と会って会話して笑って、やること片付けて仕事して、そして一日を充実させて生きることが好き。

 

多くなくても自分で稼いだお金で自分で食っていくことが生き甲斐。

自分で働いたお金で好きなものを買ったり周りの大切な人を喜ばすために何かプレゼントしたり、それが一番好きな生き方。

 

ネットで見つけた「もうすぐ死ぬと悟った人たちが、何を後悔しているのか。」というコラムに「他人の期待に沿うための人生ではなく、自分が思い描く人生を歩めばよかった」とありました。

「他人に「立派な人だ」と思われたくて見栄ばかり張ったり」と。

 

まさにこんな感じで私は看護師さんになりたいと思ったのではないかと気づきました。

それはもちろん看護師さんが職場にいてとても尊敬しているからなのですが。

 

いろいろと考えましたが、いざ仕事を辞めて学校に通いだすことをイメージしたら経済的にも負担だし、生半端な気持ちで人の命に関わる仕事につけないと深刻になってきてしまいました。

 

それは、本当に「好き」ではないからだと思いました。

 

そうだ、無理して自分を良く見せようとしなくてもいいんだ。

 

だったら私がやれることで好きなことで楽しいと思えること。

 

仕事にすぐに直結しなくても、もしできたとしたら誰かの役にも自分の役にも立つ語学。

 

母がフランス語を習っていてとても楽しそう。

だけど、フランス語はいまいち生きていくのには不足していますので

 

やはり英語。さらに中国語、一生かけるくらいの勢いで2つマスターしたらどうだろう。

 

そうだ、お金を言い訳にしていたけどまずは英語。

やってみよう。

頑張ってみよう。

 

何かクラスに通うべきです。

暇な時間が多いしひたすら英語やってみよう。

逃げていたけど。

 

具体的にTOEICなども目標にして。

 

どんどんやりたいことやってみよう。

 

死へのカウントダウンは始まっているから・・・。

やりきって死にたい。

 

後悔なく生ききりたい!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有線の方が

FMトランスミッターを買いましたと書きましたが、知り合いに有線の方が音がいいんだよと指摘されそんなことも知らずに無線で得意気に満足していたので笑っちゃいます。


知識がないってすごいです._.;


たしかに同じ曲をCDと聴き比べたら酷かったです._.;


音質はCDが最高で、次にCDの音を取り込んで聴く有線(AC3、MP3)、次にFMだと教えてくれました。

FMは変調して復調するときにノイズが入るため音質が劣るのだとか。すごい詳しい人です。。


オーディオが「エクリプス」というメーカーの、さらにすでに型が古いタイプのためネットで探して有線を買ってみたいと思っています。


取り付けるまで時間かかりそうです。


FMトランスミッター

運転が独り立ちできるようになりもう大丈夫かなと思っています。

恐怖心がなくなりました。

 

バックでの駐車もとりあえず両隣に車がいないパターンではできるようになってきました。

斜めからすーっと入って少しズレているなら幅寄せする。

最初は幅寄せって言葉も意味が分からなかったのに。

 

今借りている駐車場が初心者には激むずだと言われた場所だったので最初からハードルが高かったためかえって試練となりました。だいぶ上達してぴたっと目標の位置に停められるようになりました^_^

 

運転って最初からできる人が稀にいるようで、びっくりです。

天性のものなのでしょうー。すごいな。

 

それにしても本当に味わったことのない楽しさです。

 

次は高速とナビを使えるようになることです。

ETCカードを手に入れなければ。

 

昨日は電気屋さんでFMトランスミッターというものを購入しました。スマホに入っている音楽を車で聴くために。有線のものを買うつもりでいましたが無線のものが売っていたので自分の車でできるか不安でしたがアクセサリーソケットというところに差し込んで使えました☆3千円くらい。

無線っていうのがとても良かったです邪魔な線がなくて。

 

今の私のテーマ曲はSiaのBird Set FreeとCheap Thrillsです。笑

落ち着いて走れるため。Siaの声は落ち着きます。

 

まだ激しい音楽は無理かなと思っていたけれど昨日はU2のVolcanoを聴きながら走りわくわくしました。^_^

 

 

クレンジング

随分前にマナラホットクレンジングの感想を書きましたが結局2ヶ月で解約しました。


特に肌にツヤが出てくるなんてこともなく笑

(たしか使い続けるとツヤが出るとかそんな宣伝文句が・・)


そして定期便なので2ヶ月ごとに送られ続けるという。


今は安い、はしかた化粧品のクレンジングにしています。


かなり安いのに違いを感じることもないほどです。






A.P.Cのスリッポン

気に入った靴がなかなか見つからず、ずーっとぼろぼろになるまで同じ靴を履いていましたが、ようやく買い変えました。

 

A.P.Cで欲しいと思う靴が見つかりましたー。

 

f:id:parisiennestyle:20170213155045p:plain

 

(A.P.Cの公式サイトより)

 

あー、すっきり古い靴を捨てて気持ちよく過ごせます。

もう一足紺とか色違いがあればいいのに。

 

 

そしてもう一つとっても惹きつけられたバックが。

 

f:id:parisiennestyle:20170213161025p:plain

(A.P.C公式サイトより)

 

すごく綺麗でした。^_^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パリジェンヌのつくりかた2

『パリジェンヌのつくりかた』を相変わらず洗脳されるかのように読み込んでいますが、つくづく日本と本当に違う..と感じます。

 

著者の1人のカロリーヌ・ド・メグレ。ようやく!出会えたずっと探していたかっこいい女性。ここまで大好きになるとは!

 

可愛いよりかっこいいが好きだったはずなのにいかにまだ自分が可愛い子供っぽいものに引っ張られているかに気づかされました・・。

少なくともパリジェンヌって見た目には1mmも可愛いはない。幼稚なマスコット系のものにはまったく惹かれない文化なんでしょう。。早速バックからボンボンチャームを外してみました(笑)//▽//

 

他にも例えば、、

パリジェンヌのつくりかたで検索してinstagramを見ていたらある方がフランスのお土産でもらったというボディークリームを掲載していました。

Diorのボディークリーム。とっても美しい。どう見ても大人な女が使うものです。

f:id:parisiennestyle:20170210111641p:plain

 

しかし私の机の上にあるハンドクリームといえば

f:id:parisiennestyle:20170210111843j:plain

 

がーん。

 

子供...

 

もらった物だけど日本はこういうのがうける文化であることは間違いありません。

 

本当に子供っぽい。

 

一つ一つ見直していきたいです。._.

 

そして少し前に結婚するときにはDiorのOuiリングが欲しいなんて書いていましたが結婚にそもそもこだわらない生き方が時代の最先端でした・・。フランスはそうだと聞いたことはあったけどここまでかっこいい女性に言われると本当に結婚にこだわるのも時代遅れなんだろうなと分かります。(カロリーヌ・ド・メグレは旦那さんもいて子供もいますが。)

 

たしかに結婚制度ってすでに破綻しています。。母もそういう時期があったけど無理に我慢して関係を続けている人は沢山います。結婚して義理の親と同居なんてもってのほか。

 

愛と自由をとっても大切にしているからこそ結婚制度という枠に自分をはめないのだと分かりました。

 

パリジェンヌは我慢なんかしないし、全体的に思考が何かにとらわれていないなという印象です。

自分の過去にも未来にも、社会の目からも、人の意見からもとにかく自由。

 

この人の動画を見ても分かるけれど、(海外の人って一般人でもそう感じますが)ぶりっこや可愛くあろうとする話し方など一切なくそのまんま話す。そのまんま笑う。別に豪快に見せようともしていないし、それが本当に素敵です。

男の前だろうが、女の前だろうが、相手が年上だろうが年下だろうが、相手の職業にも関係なく態度を変えないんでしょう。ユーモアだけは常に忘れずにいるところが楽しいです。

 

媚びることって、分かってはいたけど本当にみっともないことだとぐっさり来ます。

何故それを身につけてるのか?可愛いと思われたいから、より若く見られたいからじゃないか。

何故そんなしゃべり方をするのか?その男性に可愛いと思われて気に入られたいからだ

ってことがよく分かります。

 

女として人としても勉強になる1冊です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パリジェンヌのつくりかた

中古で買ったカロリーヌ・ド・メグレの『パリジェンヌのつくりかた』をしっかり読んでみたら悩みがじわじわと飛んで、自分のなりたい、目指したい、進みたい方向が明確になりました。

 

どうしたいか??って、そうでした「何一つ後悔をしない人生を歩む」ことでした!!

この言葉は「母親の流儀」という章に書いてありますが、母になった訳ではないけれど私の求めることはまさにこれでした・・。

 

この本はメグレさんの他、3人の女性で書かれたそうですが何故自分がフランスやパリにものすごく惹かれているのかがよく分かる本でした。

 

力を抜いた「いい加減さ」が感じられ、それなのにすっごく格好良い!そして何より「人生を最高に楽しむ」ことが大事だと教えてくれる本です。女性に受ける本だとは思いますが。

 

私は日本人なので基本は本当に真面目。になりがちです、でもやっぱり真面目過ぎない方がなんか楽しい。

 

人に対して失礼のないように迷惑をかけないように生きたいと思っていましたが、あまり深刻にそんな風に考えなくても「不実な女」であっていいそうです(笑)

 

真面目なのでいいと思ったところに線を引いてしっかり読み込んでいます。

 

他に気に入った所は・・・

「パーフェクトからはほど遠い。鈍いし、大雑把だし、いつもいつも誠実に生きているわけでもない。でも同時に、何かと話が面白くて、人のことによく気がつき、好奇心が旺盛で、フランス的「アール・ド・ヴィーヴル[人生の楽しみかた]」が遺伝子に組み込まれている面は確かにあると思う。」(P9 イントロダクションより)

 

「パリジェンヌは、自分たちの生きかたが世界の人々の憧れの的であることを、よく分かっている。巷にパリジェンヌ的生きかたを指南した本やブログが氾濫しているのもそのためだね。それに、パリジェンヌは他人からアドバイスを求められるのが大好きだしね。そりゃそうだろ。自分たちは経験豊かで、何でも見てきて、何でも知っていると思っているんだから。」(P16 「1. パリジェンヌの基本」より)

 

「じゃあ、最後に一言だけ。パリジェンヌを一言にまとめてみようか。パリジェンヌのことをよく知っている、という前提で言うよ。パリジェンヌって、完全にイカレてるよね」  

 

「自分は、自分の満足がいく装いをしている、だから無敵なのよ!」(P41. 「パリジェンヌの基本」より)

 

どうしようもなく悪趣味なことは・・・「いちいち真面目すぎる。」(P50.「パリジェンヌの基本」より)

 

ああ、山ほどお気に入りの箇所がありますが全部抽出すると著作権上いけないような気がするのでやめておきます。

 

素敵過ぎる。訳し方もかっこいい、「そりゃそうだろ」とかあまりそんな本はないので新鮮です。

 

何回も読んでいるので既に勉強中の本のようにぼろぼろになっています。

 

線を引くには無印の中性ゲルインキ六角ボールペンピンク0.25mmがいいです。

これとっても可愛い。

 

f:id:parisiennestyle:20170127160322j:plain

 

 

この本のような発想でいれば、きっと「誰よりも魅力的!」って自分を信じられる自分になれると思います!!

^_^幸せ本です。

 

 

 

メグレさん素敵です(O_0)!!