読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブールブランソース

『フランス人は10着しか服を持たない』の中に出てきたブールブランソースがずっと気になっていたので昨夜挑戦してみました。

 

この本、服のことだけではないのが面白く、紹介されていたフランス人マダムが予想外に優雅な料理を普段から作っていたので、しばらく衝撃を受けていました。。

 

フランスってもっと適当なのかと思っていたのに。(いい意味で)

 

とはいえそのマダムは元貴族の家の人とのこと、特別なのでしょう(そう思いたいです)。

 

最初に読んだとき、フレンチに疎い私は『ブ、ブールブランソースって何??』・・聞いたことあるような?ないような?という状態でした。

 

 

調べてみると・・・

 

f:id:parisiennestyle:20160414095538p:plain

 

 

 

f:id:parisiennestyle:20160414092138p:plain

 

(wikipediaより)

 

 

 

テレビかレストランで見たことはある??レベル。主に白身魚にかけるソースとのことで。

クックパッドを見るとさすがに5件と少ないですが、でもみなさま素晴らしいできばえです。

 

 

材料にはベルギーエシャロット(紫玉ねぎのような野菜)が必要とのこと。でも間違えてエシャロットを買ってしまいました。(これは本当に間違いなのでダメみたいです。)

 

 

そして魚は、真鯛が高かったためにタラにしました。チョイスが間違っているかもしれませんが一応白身魚です。

 

調味料は家にない白ワインビネガーを買い足して。

 

 

 

帰宅後空腹の中、奮闘しました。

 

 

みじん切りにしたエシャロットを白ワインと白ワインビネガーでひたすら煮詰めるのに時間がかかります。

 

しかもそのあと漉さなければなりません。

 

こんなこと共働きの多いフランスの普通の家庭では多分普段はやっていないだろうなーと思いつつ。

 

最後に、肝心のバターが足りなくなりましたが本当は結構大量のバターを使うようです。

 

色がクックパッドの写真よりもずっと茶色くなってしまいました。

コンソメを切らしていたので代わりに茅乃舎の出汁を入れたからかもしれません。(笑)

もうめちゃくちゃ。

 

さらに魚の焼き方も完全に失敗してしまいました。

テフロンの剥がれたフライパンのせいにしたい。

 

はあ、失敗が見えて。軽く落ち込み

 

 

 

出来栄えは。

 

じゃーん。

 

f:id:parisiennestyle:20160414091947j:plain

f:id:parisiennestyle:20160414091744j:plain

がーん。

 

えっ、見た目がひどいです。

ソースも茶色過ぎて。

胡椒もかけ過ぎです。

魚がお肉やエビみたいな形状になってしまっています。

 

 

さて、

 

味は・・・??

 

 

はっ!美味しい!

 

美味しいです!

 

淡白な魚を濃いソースでいただくということなんですね。(多分)

 

うーん、これはもっと練習し続けたいです。

 

ホタテやチキン、などにも合うそうで。うなづけます。

 

エシャロット玉ねぎ(+ニンニク)で代用可能なので次は玉ねぎで挑戦です。

 

プロのフレンチシェフによる動画も確認しました。

すごい!!

手早くてかっこいい。そして美しい。

 

こんな風に手慣れていれば普段フランスの人々、家庭で作っているかもですね。

 

エシャロットを炒める際に時間をかけると甘みと香りが出るそうです。

フランス料理の歴史の中では割と新しいソースなのだそう。

小麦粉とバターを炒め合わせたもの(ルー)が一般的だった時代から新しい時代のソースとしてブームになったとのこと。

 

バターの質で仕上がりが左右されるそうで、いつか上達したら有名なエシレバターで作ってみたいです。

 

動画ってやっぱり圧倒的に分かりやすいです。

プロはコンソメも使っていないので次回はコンソメなしで。

手順も少し違うので動画通り作ってみたいと思います。

 

ただ、バター8gしか入れていないのに翌日まで結構胃がもったりしています。。

 

 

【今日のフランス語メモ】

beurre:バター 前も出てきました−。発音もスペルも忘れていました・・。

le beurre 

blanc:白い

sauce:ソース

ソースの語源 salsus:サルスス ラテン語で「塩で味付けした」

 

échalote:エシャロット 英語:shallot

le poisson:魚

 

bon:良い、美味しい。

C'est bon. 美味しいです。

C'est très bon:これはとても美味しい。

Ce vin est  très bon:このワインはとても美味しい。ス ヴァンーェ トレボン。

 

Bonjour:こんにちは

jour:日

 

C'était bon.:美味しかったです。

était:be動詞êtreの半過去形 êtreは普通、名詞や形容詞などの属詞(主語や目的語の性質を説明する語句)を取って文を構成する。

 

C'était très bon!:すごく美味しかった!

 

Très bien:すばらしい。

delicieux:デリシュー。美味しい(手の込んだ料理に対して)

C'set délicieux:これはとても美味しいです。

 

Excellent:エクセラン 秀逸です。

C'était délicieux. セテデリスィユー とても美味でした。(→フランスにはないごちそうさまでした。)

 

roux:ルー