100円ショップのお皿2

仕事帰りにいつものスーパーの二階にあるセリアに行ってきました。

 

 

お皿に対しては本当に良いものを少しずつ将

に向けて買い集めたいというちょっと贅沢な考えを持っていたので簡単に良いものには巡り会えず、中途半端なものを買っては飽きて捨てたり、割れたりしてほんの少ししか持っていませんでした。

 

100円ショップにテンションが上がることなんかなかったのにネットでも紹介されていた半分水玉のお皿があり!上がりました〜。

 

水玉はサイズも3種類ありましたが、とりあえず一枚と、縞のお皿2枚、湯のみ、御飯茶碗、お箸も買いました!

 

f:id:parisiennestyle:20160506205741j:plain

 

全部で756円〜。

全て日本製。

 

100円のお箸やお皿なんて、そこを通過しても絶対あり得ないって感じでスルーしていましたが今思えば私、何様〜!って感じです。 

 

母も器が好きで、私が子供の頃からざらざらした味のある和食器とかそこそこの値段のする良いものを買って使っていました。今でも金沢に旅行に行って買い足している九谷焼をいくつか実家で見かけます。。こだわりがあるのですね。その影響で100円ショップのものに抵抗があったのかもしれません。

 

でも本気で芸術的なものを選んでいたら大変。デパートにも予算内のもので欲するものがなくてずっとずっと探し続けていました。

 

まさか100円まで値段を下げるとは考えてもいませんでしたが、こんな可愛いならいいじゃん!!

 

私は服や靴、にしてもなんでも高級志向過ぎたんだなあとつくづく感じます。

 

100円でこんなに可愛い!

なんて幸せなんだと気づきました。

 

子供の頃に手伝いをしたつもりで張り切ってお皿を運び、手を滑らせて母お気に入りの器を割ってひどくがっかりさせたことがあります。

せっかく作ったできたての料理もこぼしてしまい気まづい空気に。怒鳴るとかはありませんでしたが、『もぅ〜、、、。。』(そして泣きそうな顔をされる。)という重い空気。

 

かなり引きずりましたが、私が大人になって思うのはそうゆう高価な?(いくらだったか知りませんが)お気に入りの食器は子供が成長してから使うべきです!

トラウマになるし。

多分子供は親をを喜ばせたい気持ちが強いから余計に悪いことをしたなと自分を責めます。

 

子供の頃から良いものに触れるのは良いけど(良いかどうかも怪しい、興味のない子供なら意味ないし)美術品を実生活で楽しめるのは大人。。普段は高価なものは持たずに時々美術館に連れて行くとかの方がまだいい。興味のない子にはそれだって退屈ですが。

 
とにかくあれは母が悪い、私はいまはそう思っています笑
 
小学校に上がればプラスチックじゃなくてもいいかもしれないけど、別に身の丈にあった普通のでいいです._.。また買えばいいよって簡単に言えるものがいいです。形あるものは壊れるのだから。
身の丈って本当につくづく大事。できるだけ見栄は張らないで生きたいです。
 
 
それにしてもお皿っていくらでできるんだろう、大量だと安くできるにしても100円以下で作れるんだ。
安いです。

 

f:id:parisiennestyle:20160506220035j:plain

 
今日は訳あって焼き鳥にしました。